アラジン 再び

こんばんは、カムズワークショップの宮田です。


アラジンの具合が良くなかったので調整しました。


ネットの情報によると37型以前はタンクの中の穴が詰まりやすいらしくてソコを責めると良いというのでやってみました。


しょうじき言われた通りにやったのに手ごたえ的な物は感じませんでした。


これでは変わらなそうなので芯を交換してみました。


芯を交換した時には、掃除した時より灯油の量が多い感じがしました。(なんかジャブジャブした感じ?)


なんか灯油ジャブジャブしてるし行けるんじゃね?的な感じで火を付けてみました。



IMG_2477.jpg



とりあえず30分位放置してから写真を撮りました。


大丈夫そうです。


結果、芯は新しい方が良い。


37以前のモデルはタンクの中(穴?)が詰まりやすい。


芯交換の時は灯油がジャブジャブしてる位が良い。


という事がわかりました。


なんだかんだで、ビンテージストーブを直すのは楽しいという事に気づきました。


ぜひ、自分でメンテナンスしてみてください。


愛着わきますよ~!!


それでは、また。


COMES WORKSHOP

茨城県 下妻市 下妻丙 688-23

tel 090-6197-2769

mail nnrqy931@yahoo.co.jp

instagram @comes_workshop
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

COMES WORKSHOP

Author:COMES WORKSHOP
 
茨城県の下妻市で革教室を始めました。

商品の販売もしています。

見学がてら遊びに来てください。

茨城県 下妻市 下妻丙 688-23

tel 090-6197-2769

mail nnrqy931@yahoo.co.jp

instagram @comes_workshop

Link
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
New Posts
Title List
全タイトルを表示
Gallery