スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルなキーケース(教室)

こんばんは、カムズワークショップの宮田です。


月日が経つのは早いですね。 何してたってわけでもないのですがブログ書いてなかったです。


とりあえずわりと最近の教室の事を。


同じ市内に住むスギタさんがキーケースを作りに来てくれました。


色を選んでもらって切り出します。



IMG_2201.jpg



面取りして床面(革の裏面)とコバ(革の切り口)仕上げて金具付けて貼り合わせて縫います。



IMG_2202_2018061921595456e.jpg



お子さんの帰宅時間になったので一日目は終了です。



IMG_2203.jpg



次の日コンチョを持って来てくれました。 残りの半分を縫ってコバを仕上げて完成です。



IMG_2228_2018061921595659b.jpg



IMG_2229_20180619215951c6c.jpg



赤茶の革にターコイズと糸の青がとても綺麗に見えました。


こんな色合いの財布を作ってみたいです。


それでは、また。


COMES WORKSHOP

茨城県 下妻市 下妻丙 688-23

tel 090-6197-2769

mail nnrqy931@yahoo.co.jp

instagram @comes_workshop

facebookも始めました。
スポンサーサイト

古いリュック

こんばんは、カムズワークショップの宮田です。


古いミリタリーのリュックのカスタムを頼まれました。


持ち込みもOKですが、今回はウチのストックの中から選んでくれました。



IMG_1594_201804131901569bd.jpg



リュックの口を絞るためのヒモを麻?綿?から革に変えるために、まずは留め具から作ります。



IMG_1673.jpg



革ヒモを通して留め具を付けます。



IMG_1674.jpg



リュックの口を閉じて形を見れるようになったので、使う金具を選びます。



IMG_1680.jpg



バックルに合わせて革を切ります。



IMG_1677.jpg



リベット分を逃がしてバックルの穴を開けます。



IMG_1678.jpg



フラップにリベットの芯を通すために穴を開けます。



IMG_1683_20180413190206e32.jpg



鳩目抜きで穴を開けるとホツレそうなので、目打ちで穴を開けて拡げます。



IMG_1684_20180413190208782.jpg



革のパーツを仕上げて合わせます。



IMG_1685.jpg



リベットを叩き込んで固定します。



IMG_1686.jpg



このあとポケット両方同じ仕様にして、バックルをボタンで開閉できるようにした状態...の写真は撮り忘れました。


次にストラップの留め具の取り付け位置を変えるため糸をほどきます。



IMG_1679_2018041319020301b.jpg



糸を抜くと生地が穴だらけでグニャグニャになるので、洗って乾かして生地の目を詰めます。


留め具の位置を決めたら縫い付けて、飾りと補強を兼ねたパーツをリベットで叩き込みます。



IMG_1711.jpg



バッグとストラップを合体させて完成です。



IMG_1716.jpg



お客さんに背負ってもらいました。



IMG_1736.jpg



少し大きめで良い感じのサイズでした。



Vintage military backpack custom \30,000-(税抜)



前に持ち込みでカスタム依頼してくれた物も、使い込んで良い感じになっていました。



IMG_1737_201804131901553b0.jpg



古い生地にヤレた革が良いアジ出してますね!


ベースになるバッグの相談や金具の指定、ライトカスタムから一点物まで気になる事があれば一度連絡ください!


それでは、また。


COMES WORKSHOP

茨城県 下妻市 下妻丙 688-23

tel 090-6197-2769

mail nnrqy931@yahoo.co.jp

instagram @comes_workshop

facebookも始めました。

大きめコンチョの長財布

こんばんは、カムズワークショップの宮田です。


在庫兼見本が無かったので、自分でも使ってる形の長財布を作りました。


今回は大きめコンチョなのでこの中から選びます。



IMG_1575.jpg



全部Hozho製です。



Hozho
http://hozho.jp/



ベースになる財布の色は深めの緑で、切り出し、床処理、線引きの工程を終わらせたとこです。



IMG_1574.jpg



ウチの財布はフラップ(財布のフタ)等の曲がる部分に負担をかけない為と、外にも内にも曲げシワを出さない為にちょっと工夫をしています。



IMG_1579.jpg



フラップの内側の曲がる部分だけ糸目のピッチを狭くして、フラップが90度で固定されるようにしています。


言ってる意味が伝わりづらいと思って写真撮りました!



IMG_1627.jpg



(伝わったかな?)


(※使用する革が硬めとかまあまあ厚めで2枚重ねの場合)真っ平らで接着すると曲げた時に内側にシワができます。かといって完全に曲げた状態で接着すると伸ばした時に外側にシワができます。
(※ちなみに1枚革はシワになりません。あと柔らかいの?とかコードバンも!)




IMG_1630.jpg



なんだかんだで完成です。



IMG_1638.jpg



内装です。



IMG_1640.jpg



コンチョと財布のサイズ感はこんな感じです。



IMG_1639.jpg



石付きのコンチョは一点物でシンプルめのはウチのオリジナルとしてHozhoに作ってもらっている物です。


ちなみにボクが使ってる財布と今回作った財布です。



IMG_1637_20180329194033922.jpg



なんかボクのゴツイですね~。(汗)


Hozhoのコンチョは基本は一点物なので、同じ物を頼んでも石やらスタンプワークやらが絶妙に変わる事があります。


これが良い!!って言ってもらえれば都合がつくまで取り置きしとくのでその時は声かけてください。


それでは、また。


COMES WORKSHOP

茨城県 下妻市 下妻丙 688-23

tel 090-6197-2769

mail nnrqy931@yahoo.co.jp

instagram @comes_workshop

facebookも始めました。

小さめのコンチョの長財布

こんばんは、カムズワークショップの宮田です。


在庫兼見本が無かったので、いつもの長財布を作りました。


中央に付いてる銀のボタン(コンチョ)は、Hozhoに依頼して作ってもらったウチのオリジナルコンチョです。


Hozho
http://hozho.jp/



IMG_1556.jpg



中身を入れるとこんな感じです。



IMG_1557.jpg



使い勝手を優先してジッパーやフラップは付けてません。


財布の下側は本体をスリムにする為に縫わない作りにしています。



IMG_1558.jpg



オーダーでも教室でも興味があったら一度連絡ください。


それでは、また。


COMES WORKSHOP

茨城県 下妻市 下妻丙 688-23

tel 090-6197-2769

mail nnrqy931@yahoo.co.jp

instagram @comes_workshop

facebookも始めました。

コウモリキーケース

こんばんは、カムズワークショップの宮田です。


革を発注する前に、何個分つくれるかけがいてみました。



IMG_1491.jpg



ギリギリ3個分切り出せました。


コウモリは沢山いると可愛いです。



IMG_E0688.jpg



それでは、また。


COMES WORKSHOP

茨城県 下妻市 下妻丙 688-23

tel 090-6197-2769

mail nnrqy931@yahoo.co.jp

instagram @comes_workshop

facebookも始めました。
Profile

COMES WORKSHOP

Author:COMES WORKSHOP
 
茨城県の下妻市で革教室を始めました。

商品の販売もしています。

見学がてら遊びに来てください。

茨城県 下妻市 下妻丙 688-23

tel 090-6197-2769

mail nnrqy931@yahoo.co.jp

instagram @comes_workshop

Link
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New Posts
Title List
全タイトルを表示
Gallery
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。